胃内視鏡検査

胃がんは治癒率が高く、早期に発見・治療することでほぼ完治が見込めます。
不快感のない定期検査で早期発見を。

当クリニックで行っている胃の内視鏡検査

痛みや苦しさのない楽な内視鏡検査です。消化器の経験豊富な院長が、その経験をもとに詳しく検査を行っています。

当クリニックでは、患者さんにできるだけ痛みを与えない検査を行っています。最新機器を使うことはもちろん、麻酔や検査手法も患者さんの状況に応じてきめ細かく調整し、検査中の痛みや不快感をほとんどなくしています。

検査を受けた患者さんにとって、その結果を正確に把握することはとても大事なことです。検査が終わったら、しばらく休んでいただいてから、内視鏡の写真をお見せして検査結果をくわしく、そしてわかりやすくお伝えしています。

胃の内視鏡検査の必要性

日本人で胃がんになる人の割合は、10万人あたり80人前後だと言われています。がんの中でも戦後からつい最近まで、患者数と死亡率の高いものでした。現在は大腸がんが1位になっていますが、まだまだ胃がんは注意が必要です。

幸いなことに、検査や診断方法の向上や治療方法の進歩により、胃がんは早期発見して治療することで治療率の高いがんになっています。「がん」が怖いのは転移があること。ですから、早期に発見するのはその意味でも重要です。

バリウム検査に比べて、内視鏡検査は胃の粘膜を直接観察できるので色調の変化から始まる小さながんでも格段に見つけやすくなります。また、内視鏡検査の場合、X線検査と比べて被ばくのの負担もありません。

最新の内視鏡はファイバーが細くしなやかで、苦しさや痛さはほとんどありません。さらに、検査手法や麻酔のやり方の工夫などにより、とても楽に検査を受けることができます。画像の精度も大きく向上していますので、丁寧に検査を行っても長い時間を要しません。

当クリニックで胃の内視鏡検査を受けた方のほとんどが、「こんなに楽なものだと思わなかった」と驚かれます。遠方(北海道、長野、群馬、静岡、名古屋など)から定期的に検診を受けるために通院されている患者さんもいらっしゃいます。

胃はストレスの影響を大きく受ける臓器です。ちょっとした不調でも悩まれるのはあまりいいことではありません。ぜひ、お気軽にご相談ください。

なお、大腸の内視鏡検査を同じ日に受けることも可能です。お身体の状態にもよりますので、まずはご相談ください。

こうした症状があったら、早めにご相談ください

  • 空腹時に胸焼けがある
  • 胃もたれ
  • みぞおち付近に痛みがある
  • 食欲がない
  • ダイエットしていないのに体重が減少している
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になった経験がある
  • 便の色が黒っぽくなった
  • 職場の健診で異常を指摘された

ピロリ菌とは

ピロリ菌は、胃の粘膜に住みついている細菌で、正式名称はHelicobacter Pylori(ヘリコバクター・ピロリ菌)です。近年ピロリ菌は胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因のひとつとしてあげられ、このピロリ菌を除菌することで将来的な胃がんの発症を予防すると考えられています。ピロリ菌の感染期間が長いと胃がんになるリスクが上がります。
そして日本人では感染者に高齢者が多く、全体でも2人に1人がピロリ菌に感染しているとも言われています。ピロリ菌は慢性胃炎の原因になりますし、消化器以外の疾患との関連性も指摘されてきています。若いうちに除菌をしておくことで、消化器の不調になりにくくなり、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍になるリスクを下げることができます。

こうした症状があったら、早めにご相談ください

  • 胃にむかつきや胸焼けなど、不快な症状がある
  • 胃薬を飲んでも胃の症状が改善しない
  • ピロリ菌陽性のご家族がいる
  • 健診などでピロリ菌感染を指摘された
クリニックニュース横浜内視鏡専門サイト健康診断専門クリニック
電話番号 045-432-8877 アクセス・診療時間はこちら